プリザーブドフラワーが注目を集める理由とは

管理も手軽で女性を中心に様々な世代に人気のプリザーブドフラワー、加工して半永久的に花の美しさを楽しむことが出来るこの花はギフトとしてもインテリアとしても活躍しています。

そこで今回はそんなプリザーブドフラワーの更なる魅力について詳しくご紹介致します。


●様々な花を一緒に味わうことが出来る

街にある花屋さんを覗いてみると外で鉢植えの状態のまま管理されているものや水差しに入っているもの、温度調節がされているショーケースの中にあるものと様々な方法で色々な花が管理されています。それは熱帯で育った花や乾燥した地域で育った花など本来の生息地が異なるため花により長く生きてもらうためにその環境を再現しているからです。
ブーケにする際は生息環境に関係なく好みのものや色に合わせてアレンジをしますが、実際に部屋でその花を長く楽しむためにはそれぞれの生息地に合わせた温度や湿度の管理をしなければなりません。

しかしプリザーブドフラワーとして加工を施された花であれば生息地に関係なく一つのギフトやインテリアとして管理をすることが可能になります。ブーケをバラしてそれぞれの花瓶に生ける必要もないのです。


●プリザーブドフラワーは多国籍

様々な国の花をそのままの状態で楽しむことが出来るプリザーブドフラワーだからこそ、性別や年代以上に国を超えて世界中で愛されているのです。日本の花と外国の花をそのままの形で味わうことが出来るため多国籍な楽しみ方をすることが出来ます。

プリザーブドフラワーをアレンジする方法について

ギフトとして頂いたプリザーブドフラワーですがその花をアレンジすることによって、より自分の部屋に合った花に早変わりします。ギフトをより楽しむための方法としてとてもおすすめの方法です。

そこで今回はプリザーブドフラワーを自分好みにカスタマイズする方法についてご紹介致します。


●初級編:綺麗なリボンなどを利用する方法

まずは雑貨店やホームセンターなど手芸を扱うお店に置いてあるリボンや包装紙を利用する方法です。プリザーブドフラワーはクリアケースに入っているものと花に直接触れるアレンジメントととても様々なデザインがありますが、リボンを巻いたりブーケとしてアレンジしたりするのであればどんなデザインでも対応することが可能です。
自分の好きな色や部屋に合ったデザインのリボンや包装紙で花を飾ることでよりインテリアとして重宝する存在に早変わりします。


●中級編:プリザーブドフラワーを追加する

カゴや鉢植えに入った状態のプリザーブドフラワーであればあえて花を追加することも可能です。プリザーブドの加工を行うためのキットは大手の手芸用品店や通販サイトでも取り扱われているため、自分の好きな花を加工して追加することが出来ます。

アレンジメントを自分で施すことにより世界にたった一つのプリザーブドフラワーにすることが出来るので、ギフトとして頂いた際には更にひと手間加えて自分好みの存在に変えてみましょう。

どのような部屋がプリザーブドフラワーに最適か

プリザーブドフラワーはどのご家庭でも利用出来る美しいインテリアやギフトとしてとても人気の高いものですが、より長くその魅力を持たせ楽しむためにはその管理方法が重要となります。

そこで今回はそんなプリザーブドフラワーを長く楽しむために飾りたいおすすめの部屋についてご紹介致します。


●プリザーブドフラワーの苦手な場所について

プリザーブドフラワーには苦手とされている場所がいくつか存在しています。基本的にはどんな場所にでも飾ることが出来ますがその苦手な場所を回避することによってより長く花を楽しむことが可能です。その苦手な場所というのは以下の通りになります。

【花が苦手とする場所】
・直射日光が当たる明るい場所
・一日中高い温度・湿度になる場所

まず直接日光が当たる窓辺やベランダに出すということは避ける必要があります。プランターに入っている生きた植物には日光が食事になりますがプリザーブドフラワーは加工されている花なので日光に当たると色褪せる場合があるのです。更に一日中温度や湿度が高くなるお風呂場もおすすめしません。


●プリザーブドの花が好む部屋とは

プリザーブドされた花が好む場所は人が寝たり食事をしたりする場所、すなわち寝室やキッチン・リビングなどです。直接日光が差し込む窓辺を避けて戸棚やダイニングテーブルの上に飾れば日常を彩ることが可能になります。
プリザーブドフラワーが苦手な場所をしっかり見極めより長く楽しめるように工夫しましょう。

プリザーブドフラワーの正体について

まるでプリザーブドフラワーという怪人か何かのようなタイトルになっておりますがこれは怪人ではなく花です。よくギフトとして花を扱う店舗や雑貨屋で見かける商品ですが花がそのままアレンジメントされている訳ではありません。

そこで今回はプリザーブドフラワーを管理するにあたり必要になる前知識としてどのような商品なのかその詳細情報をご紹介致します。


●プリザーブドフラワーの正体とその魅力について

プリザーブドフラワーは加工を施されたアレンジメントフラワーであり、薬品で枯れないための処理をされているため半永久的にその美しさを楽しむことが出来るものとなっています。ケースに入っているものからそのままブーケとして売られているものなどアレンジの種類も多様なので自分の好みや相手へのギフトとしてとても利用されています。
薬品と言っても人体に害がある訳ではなくドライフラワーと違い生花そのものの色と形を維持することが出来るのでインテリアとても重宝されています。


●生花との違いについて

生花は生きている花なので水や日光の関係が如実に影響を及ぼし、管理の仕方によっては簡単に枯れてしまうものです。しかしプリザーブドフラワーなら枯れてしまう心配もなくどんな場所にも気軽に飾ることが出来るのでとてもおすすめのギフトなのです。
大切な人へ永遠に続く美しい花をプレゼントする時にもとても利用されています。